「既存施設」活用で経費900億円削減…2030年"冬季五輪"の誘致へ本格始動 帯広市や長野県でも競技

2030年の冬季オリンピック・パラリンピック招致を目指す札幌市は11月29日、既存施設の使用などで開催経費を最大で900億円 ... 東京2020では経費が倍以上に…
Source: Gアラート パラリンピック

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました