東京パラリンピック 第7日 アーチェリー 大山は準々決勝敗退 | 毎日新聞

ともに生きる。ともに輝く。>. 男子個人(車いすW1)で、大山晃司(警視庁)は準々決勝で敗退した。具東燮(韓国)との1回戦は129―129からのシュートオフを制して8強 ...
Source: Gアラート パラリンピック

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました