東京五輪と自衛隊】パラ五輪と軍の深い関係 「負傷後も国のため」元自衛官選手が第一人者

パラリンピックは第二次世界大戦の負傷兵が治療をしていた英ロンドン郊外のストーク・マンデビル病院で、1948年に行われたアーチェリー大会が ...
Source: Gアラート パラリンピック

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました