【内田浩司のまくり語り】東京オリンピックで気づいたハンドル幅。プロの匂いがするハンドル

東京オリンピックを観て選手のハンドル幅がやけに狭いのに気づいた。競輪では自力選手は広いのを、追い込みマーク選手は狭いのを好む傾向にある。
Source: Gアラート オリンピック

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました